<< 鶴の湯・食事 角館・桜は少し早かった >>
鶴の湯温泉(2010年4月27日)
角館を後にして、一路乳頭温泉へ。
時間通りに行けば午後4時の到着となるはず。
田沢湖高原を登ります。
駒ヶ岳は雲に覆われていました。
c0200810_224614.jpg

温泉街を過ぎると道路脇はこんな感じ。
c0200810_2241657.jpg

乳頭温泉に来ました。
鶴の湯の入り口も間もなくです。
c0200810_2242745.jpg

鶴の湯温泉、これが目印です。
c0200810_224398.jpg

山の宿を過ぎた所。
これが初夏には若葉のトンネルになるはず。
c0200810_2244964.jpg

鶴の湯温泉、到着です。
やっと着きました。
本当に久しぶりです。
c0200810_225784.jpg

これが今回自分が泊まる宿泊棟。
2号館・3号館です。
yunaは「学校」と呼びました。
c0200810_2252167.jpg

本陣の脇にはふきのとう。
c0200810_2253355.jpg

事務所で受付をします。
c0200810_2255049.jpg

学校の中はこんなたたずまいです。
民芸調の小綺麗な館内です。
c0200810_2264280.jpg

ここは湯治・自炊も可能です。
自炊場もあります。
c0200810_226561.jpg

自分の部屋は75番。
c0200810_227993.jpg

6畳一間のこじんまりとした部屋です。
ここも綺麗な部屋ですよ。
c0200810_2271914.jpg

部屋の灯りは裸電球です。
この灯りが心地よい。
LEDライトじゃ似つかわしくないだろう。
c0200810_2274095.jpg

お茶置きは乳頭まんじゅう。
そして折り鶴が必ずお供します。
c0200810_2275126.jpg

さぁ、風呂に入ろうか。
まずは露天風呂「鶴の湯」です。
c0200810_2282182.jpg

ここは混浴、昼にはあまり女性の姿は見かけないけど
夜ともなると混浴される方も結構いたりします。
c0200810_228377.jpg

夕方になるとランプが吊されます。
c0200810_2285030.jpg

湯浴みしながら談笑。。
これも風情の一つです。
c0200810_2293899.jpg

新しく加わった物を発見。
露天の端、女性の入り口付近に屋根ができた。
ただ、、雨の日、、おじさん達へ。
ここに陣取るのは辞めましょう。
女性の方が、露天に入ることが出来なくて困っていますよ。
c0200810_229482.jpg

湯小屋、、白湯と黒湯があります。
c0200810_2210816.jpg

宿泊棟です。
なんかいい感じですよね。
c0200810_2210289.jpg

2号館の休憩室。
暖は蒔ストーブ。
c0200810_22121757.jpg

休憩室の光景です。
それぞれにくつろぎの時間です。
c0200810_22123218.jpg

壁掛けの時計。
この時間には本陣の食事処で夕食が始まっています。
c0200810_22124569.jpg

もう一つ新しく変わったもの。
2号館・3号館の掛け布団が羽毛布団に変わっていました。
以前は真綿の布団だった。
これは軽くて快適・快適。
熟睡出来ましたよ。
c0200810_22125545.jpg

[PR]
by smile-2nao | 2010-04-27 16:02 | 温泉
<< 鶴の湯・食事 角館・桜は少し早かった >>