人気ブログランキング |
<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧
水芭蕉・刺巻
宿の人が勧めてくれた、刺巻の水芭蕉。
そう言えば来るときに、見かけたっけ。
たくさんの水芭蕉。
観光バスも停まっていたあの場所だ。

田沢湖町を過ぎ、刺巻を目指す。
秋田新幹線・こまちと併走した。
c0200810_23425353.jpg


刺巻・水芭蕉群生地。
おや・・・見事だこと。。
c0200810_234351.jpg

こんなにたくさんの水芭蕉を見たのは初めてです。
c0200810_23431730.jpg

清流に咲く花。
c0200810_23434880.jpg

c0200810_23435995.jpg

c0200810_23441567.jpg

しばらく時を忘れて散策していました。
c0200810_23443645.jpg
c0200810_23445236.jpg

c0200810_2345969.jpg
c0200810_23454666.jpg


かたくりの花。。
これもyunaに教えてもらった。
可憐な花だよ。
c0200810_23463237.jpg

船岡城址公園にも咲いていたよね。
c0200810_23455857.jpg

by smile-2nao | 2010-04-28 23:54 |
翌日は雨
夜半から降り始めた雨。
翌朝には本降りとなっていました。
c0200810_23293877.jpg

結構強い。。
c0200810_23295461.jpg

ふきのとうと残雪。
c0200810_2330857.jpg

朝風呂にはいりました。
露天の後に湯小屋に。
白湯です。
c0200810_23301825.jpg

朝日が射し込んでいます。
c0200810_2330401.jpg

次は自分が一番に好きな黒湯。
温だまりの湯。
身体が暖まって冷えにくい湯。
寒かったので身体温めました。
c0200810_23305267.jpg

湯船からの眺め。
c0200810_23305977.jpg

門の前のエドヒガン桜。
来月には咲くんだろうな。
c0200810_23311974.jpg

宿の人が、ゆっくりしていっていいんだよ。
と言ってくれたのですが、時間もあるので宿を後にしました。
雨の鶴の湯です。
c0200810_23313275.jpg

程なくして雨が上がりはじめました。
田沢湖が見えました。
c0200810_23314142.jpg

by smile-2nao | 2010-04-28 23:41 | 温泉
鶴の湯の魅力
鶴の湯温泉の魅力。
その一つが夕暮れ時の光景です。
日が沈み、闇に包まれようとするときです。
その時、青い光と、電球・ランプの暖かい光とのコラボレーションが始まります。
ただし・・・一瞬。
その一瞬を撮ってみました。

本陣と門の前です。
まだ、少し明るすぎました。
本陣の窓から漏れるランプの灯りが魅了します。
c0200810_236728.jpg

徐々に暗くなって来ました。
c0200810_2364321.jpg

この時です。
青と赤が交差する時間です。
c0200810_237229.jpg

学校の光景です。
c0200810_2371395.jpg

少し時間をおいて、2号館前。
c0200810_2374729.jpg

事務所から門を見てみました。
厨房の灯りが綺麗です。
c0200810_2375812.jpg

1号館の眺め。
これもいい感じです。
c0200810_2383862.jpg

前後しましたが、少し前の時間に撮りました。
混浴露天の光景です。
静寂に包まれる時間です。
こんな時、露天を独り占めもいいものです。
c0200810_2391111.jpg

青と赤の交差する瞬間。
ここに鶴の湯温泉のもう一つの魅力があるのです。
c0200810_2392016.jpg

by smile-2nao | 2010-04-27 23:05 | 温泉
鶴の湯・食事
2号館・3号館の宿泊客は、本陣6番・7番の食事処で会食となります。
午後6時から頂くことが出来ます。
食事処の様子です。
手前の囲炉裏では岩魚が炙られています。
c0200810_2248615.jpg

自分も夕食です。
この宿はお膳で頂くことになります。
これに出来たての品が運ばれてきます。
c0200810_22484236.jpg

ここみの和え物。
春の香りがしました。
c0200810_22485962.jpg

ウドのようなものでした。
これが何なのか聞くのを忘れた。
c0200810_2249785.jpg

手ぶれしています、失礼。
岩魚の塩焼き。
この岩魚が旨い。
臭みのない岩魚で、味も濃くたいへん美味しいです。
c0200810_22491763.jpg

人気メニューだそうです。
こまちだんご。
これ、自分も好きだなぁ。
c0200810_22493278.jpg

山の芋鍋・鶴の湯温泉の一番の人気メニュー。
すり下ろした自然薯の芋玉が入っていて大変に美味しい。
写真の見た目だと、冷めていそうに見えるが、そうではない。
美味しいよ。
味噌・・これもとても美味しいんです。
c0200810_22495170.jpg

いぶりがっこ。
これもこりこりして旨いんです。
c0200810_2250221.jpg


高級食材を使うわけでもなく、地元で採れたものを使っているそうです。
当たり前の物が当たり前の味で、当たり前に美味しい。
ありそうだけど、なかなかないもの。
鶴の湯では本当の物が本当のままにいただけます。

翌日の朝食です。
鶴の湯の朝ご飯。。
自分が知る限りで、どこよりも美味しい。。
c0200810_22502116.jpg

by smile-2nao | 2010-04-27 22:44 | 温泉
鶴の湯温泉(2010年4月27日)
角館を後にして、一路乳頭温泉へ。
時間通りに行けば午後4時の到着となるはず。
田沢湖高原を登ります。
駒ヶ岳は雲に覆われていました。
c0200810_224614.jpg

温泉街を過ぎると道路脇はこんな感じ。
c0200810_2241657.jpg

乳頭温泉に来ました。
鶴の湯の入り口も間もなくです。
c0200810_2242745.jpg

鶴の湯温泉、これが目印です。
c0200810_224398.jpg

山の宿を過ぎた所。
これが初夏には若葉のトンネルになるはず。
c0200810_2244964.jpg

鶴の湯温泉、到着です。
やっと着きました。
本当に久しぶりです。
c0200810_225784.jpg

これが今回自分が泊まる宿泊棟。
2号館・3号館です。
yunaは「学校」と呼びました。
c0200810_2252167.jpg

本陣の脇にはふきのとう。
c0200810_2253355.jpg

事務所で受付をします。
c0200810_2255049.jpg

学校の中はこんなたたずまいです。
民芸調の小綺麗な館内です。
c0200810_2264280.jpg

ここは湯治・自炊も可能です。
自炊場もあります。
c0200810_226561.jpg

自分の部屋は75番。
c0200810_227993.jpg

6畳一間のこじんまりとした部屋です。
ここも綺麗な部屋ですよ。
c0200810_2271914.jpg

部屋の灯りは裸電球です。
この灯りが心地よい。
LEDライトじゃ似つかわしくないだろう。
c0200810_2274095.jpg

お茶置きは乳頭まんじゅう。
そして折り鶴が必ずお供します。
c0200810_2275126.jpg

さぁ、風呂に入ろうか。
まずは露天風呂「鶴の湯」です。
c0200810_2282182.jpg

ここは混浴、昼にはあまり女性の姿は見かけないけど
夜ともなると混浴される方も結構いたりします。
c0200810_228377.jpg

夕方になるとランプが吊されます。
c0200810_2285030.jpg

湯浴みしながら談笑。。
これも風情の一つです。
c0200810_2293899.jpg

新しく加わった物を発見。
露天の端、女性の入り口付近に屋根ができた。
ただ、、雨の日、、おじさん達へ。
ここに陣取るのは辞めましょう。
女性の方が、露天に入ることが出来なくて困っていますよ。
c0200810_229482.jpg

湯小屋、、白湯と黒湯があります。
c0200810_2210816.jpg

宿泊棟です。
なんかいい感じですよね。
c0200810_2210289.jpg

2号館の休憩室。
暖は蒔ストーブ。
c0200810_22121757.jpg

休憩室の光景です。
それぞれにくつろぎの時間です。
c0200810_22123218.jpg

壁掛けの時計。
この時間には本陣の食事処で夕食が始まっています。
c0200810_22124569.jpg

もう一つ新しく変わったもの。
2号館・3号館の掛け布団が羽毛布団に変わっていました。
以前は真綿の布団だった。
これは軽くて快適・快適。
熟睡出来ましたよ。
c0200810_22125545.jpg

by smile-2nao | 2010-04-27 16:02 | 温泉
角館・桜は少し早かった
角館に到着です。
街の至る所に駐車場があるのですが、この期間だけは有料となっていました。
普通車500円。
武家屋敷通りの近くに停めることが出来ました。

さぁ、行ってみようか。
程なく武家屋敷通りです。
しだれ桜・・・yunaに聞いていたようにまだでした。
c0200810_21314878.jpg

このように通り沿いにしだれ桜が咲くんでしょうね。
少し早かったようです。
c0200810_2132167.jpg

梅の花を見つけました。
某・屋敷に咲いています。
c0200810_21323370.jpg

和服の人と似合うかもしれません。
c0200810_21324533.jpg

武家屋敷通りの中程です。
一番に賑やかなのかこの部分。
ここも通り両脇のしだれ桜がありますね。
c0200810_21415729.jpg

たくさんの観光客が来ています。
c0200810_2133472.jpg

店もこんな感じ。
大変に繁盛している様子、良い事ですねぇ。
c0200810_21332727.jpg

人力車です。
c0200810_2138755.jpg

要所要所で停まってお客様に観光案内をしています。
写真を撮りながら、脇で説明聞かせて頂きました、アリガトウゴザイマス。
c0200810_21365891.jpg

ここは蔵の街でもあります。
米倉だったそう。
c0200810_2138333.jpg

しだれ桜のビューポイント。
多くの人が記念写真を撮っていました。
c0200810_21385267.jpg

これが咲いたなら、綺麗なんだろうなぁ。。
c0200810_2139040.jpg

かろうじて開きかかった花を発見!
c0200810_21392653.jpg

しだれ桜に人力車、、角館の風情をかいま見ました。
c0200810_21394298.jpg

河原に出てみました。
ここもまたつぼみです。
GWには見頃を迎えるでしょう。
この桜並木・・・・・、船岡の一目千本桜を彷彿させます。
c0200810_21395587.jpg

by smile-2nao | 2010-04-27 14:30 | 写真
秋田に出かけます
4月27日、この日秋田を目指しました。
目的は角館の桜と、鶴の湯温泉。
1人旅となりました。
午前10過ぎ、山形を発ちました。
道路脇の桜です。
c0200810_21213195.jpg

国道を北上中、間もなく新庄です。
真っ白な鳥海山が見えました。
c0200810_21214241.jpg

湯沢を通過中、このまま横手までまっしぐらです。
c0200810_21215147.jpg

横手を過ぎ、湧き水郷・六郷から田舎道をひた走ります。
c0200810_21221196.jpg

のどかな道を角館を目指して。
c0200810_21222650.jpg

こんな景色の中を走って行きます。
快適ですよ。
c0200810_21224268.jpg

間もなく角館です。
c0200810_21231758.jpg

by smile-2nao | 2010-04-27 10:18 | 温泉
大河原・夜桜のライトアップ(2010年4月21日・夜)
大河原。
河川敷の一角が花見会場となっています。
たくさんの屋台が並びます
夜になると、昼とは違った賑やかさが出てきます。
c0200810_23164363.jpg

どうですか、ライトアップされた桜並木です。
今年はLEDも使ってライトアップされています。
ライトの白い灯りとはまたひと味違う色使いを楽しめます。
船岡も大河原も、河川敷の桜は見事です。
c0200810_231726.jpg

たくさんの人が宴を楽しんでいます。
c0200810_2317218.jpg

迫り来る桜の枝。
その分桜を身近に感じながら花見できるんだよね。
c0200810_2318395.jpg

c0200810_23183831.jpg

このカップル、どんな話をしているんだろう。
二人にとっていい時間でしょう。
c0200810_2319317.jpg

夜桜も壮観です。
c0200810_23191726.jpg

花の間にかいま見える灯籠。
不思議な情景です。
c0200810_23193752.jpg

このライトアップ、見事です。
桜の持つ魅力を一層際だたせてく、れていましたLED。
今年も一目千本桜、見ること出来て良かったよ。
c0200810_2320241.jpg


これで今年の船岡・大河原桜紀行は終了です。
また見に来ることが出来たらいいな、、そう思っています。
by smile-2nao | 2010-04-21 23:50 | 写真
船岡の夜桜(2010年4月21日・夜)
日が徐々に暮れてきました。
少し休憩して、また行動開始です。

夕闇が迫る頃、船岡観音の胸に灯りが見え始めます。
これは桜祭りの期間だけの事。
c0200810_22351180.jpg

薄暮の頃、電球の灯りに桜が照らされ始めます。
c0200810_22353412.jpg

c0200810_2236794.jpg

ライトに照らされる桜は白く、電球に照らされる桜は赤く見える。
店の灯りは暖かだ。
その中を人達はそぞろ歩く。
c0200810_22363082.jpg

c0200810_2236439.jpg

空の青みが増してきた。
だんだんといい感じになってきました。
c0200810_22404618.jpg

夜桜の見頃がスタートです。
深い青をバックにピンクの桜が映える。
c0200810_22411152.jpg

c0200810_22414276.jpg

少し後の時間の写真ですが、照らされた夜道を花見客がどんどん
登って来ていました。
c0200810_2243316.jpg

ゆっくり歩くのにいいよ、夜桜も。
c0200810_22432965.jpg

花の回廊、裸電球の暖かみが何とも言えない情景を醸しだす。
c0200810_22441190.jpg

桜の咲きっぷりをご覧下さい。
c0200810_22444617.jpg

c0200810_22451619.jpg

花の間から、月明かりが見えたりします。
何とも言い尽くせない情景かも。
c0200810_22493861.jpg

夜桜と船岡の夜景を撮ってみました。
c0200810_22463576.jpg

桜の町、柴田町、船岡。
こんな光景を目の当たりにできて、本当に良かったと思います。
c0200810_22465739.jpg

by smile-2nao | 2010-04-21 23:45 | 写真
船岡城址公園(2010年4月21日)
河原の一目千本桜のあとは城址公園です。
船岡観音のある花見山。
ようやく桜の花に囲まれたようです。
c0200810_23492755.jpg

しだれ桜とソメイヨシノ。
c0200810_23555126.jpg

さぁ、もみの木の展望台に行ってみよう。
今週はどんな眺めになっているかな?
まず、蔵王側の眺め。おお、桜が満開だよ。
c0200810_23565685.jpg

次は船岡側。
これも良い眺めでしょ?
少し時間をずらしてyunaとまめとが僕の後に来ました、ここに。
c0200810_23571449.jpg

ケーブルカーで頂上まで登ろう。
c0200810_23573313.jpg

着きました、船岡平和観音、ここが頂上。
たくさんの人達が花見をしています。
c0200810_23581126.jpg

c0200810_0132.jpg

眼下を見下ろすと、桜の向こうに街並みが見える。
c0200810_23583669.jpg

さぁ、yuna見てみてよ。
もっと壮大に見えるでしょ、一目千本桜。
ここからの一番の眺めです。
川沿いを縫うようにして桜が群れなしています。
c0200810_2359775.jpg

春の街並みです。
yuna,見てるかい?
c0200810_015693.jpg

蔵王側を望みます。
これも雄大でしょ?
川の右手には韮神堰も見えます。
もっと日が射して、綺麗に晴れた日には川面に桜が映し出されます。
c0200810_023119.jpg

展望台からの眺めを楽しんでください。
c0200810_0251100.jpg

桜、桜です。
c0200810_033196.jpg

日の当たる桜、日陰の桜のコントラスト。
c0200810_035710.jpg

c0200810_041766.jpg

途中花畑を見つけました。
スイセン、スズラン、桜のコントラストが綺麗。
c0200810_04358.jpg

c0200810_0252688.jpg

船岡の桜、最高に見頃な一日となりました。
c0200810_054154.jpg

今日は桜を撮るために、一日がかりで歩き回りました。
1人で、、、、
思い残すこと無く写真を撮ることができました。
いい記念になったかもしれません。
yunaもまめも一緒なら、さらに言うことがなかったかもしれません。
満開の日だからなおのこと。。

そろそろ日も傾いてきました。
間もなくすると夕方です。
今度は夜桜の写真です。
そろそろ、yunaとまめとが散歩の時間だろう。
by smile-2nao | 2010-04-21 23:12 | 写真